2007年05月07日

【韓国】現代自、最高級セダンを機に新ブランド

車(セダン)【韓国】現代自、最高級セダンを機に新ブランド


 

2007年5月7日(月)

 現代自動車が最高級セダン「エクース」の後継モデル「VI」(プロジェクト名)の販売に合わせて新ブランドの設立を検討している。当初は来年販売する「BH」(同)を高級イメージの新ブランドから出す予定だったが、「BH」よりハイクラスの「VI」の発売を機にブランドを新設し、「BH」を合流させるプランが浮上している。

 韓国経済新聞によると、「VI」は排気量5000cc級のタウエンジンを搭載したセダン。「エクース」の後継モデルに位置付けられるが、同車より性能を高め、仕様にも凝る。

   現代自にとって、同車は海外市場でトヨタのレクサス「LS」シリーズやBMWの「7」シリーズに対抗するための戦略車種。来年末ごろに高級新ブランドを設立し、同車を新ブランドの第1号として販売する方向で準備を進めている。

   同社は当初、国内と米国、中国などに向けた「BH」(4600cc)を新ブランドから販売する予定にしていたが、同社の研究開発と商品戦略を総括する李賢淳社長は「BHの販売を前倒ししたこともあり、新ブランドを設立する時間が足りなくなった。流通網の整備の面でも1車種だけのためにブランドをつくるのは難しい」と話した。

   新ブランドの設立は自社の最高級車とともに大々的にという思惑もあるようだ。李社長は「VI」の発売に合わせて新ブランドを設立した後、現代自ブランドとして売り出した「BH」を合流させるプランも明らかにしている。

   現代自は「VI」のほか、2009年の発売を目標に「トスカーニ」の後継モデルとなるスポーツクーペやスポーツ多目的車(SUV)とセダンを結合させた車種などを開発中。これらの一部が新ブランドから発売される可能性もある。

   現代自の新ブランド開設の目的は、これまでの「低価格のいい車」というイメージを一新することだが、成功の鍵は品質が認められるかどうかにかかっている。韓国投資証券の研究員は「ベラクルス」や「BH」など価格3万〜4万米ドルの市場でブランド認知度を高めることが重要」と話す。
⇒記事元リンク

ありがとうございます←クリックして頂けると、ブログランキングの順位が上がります、応援してくださる方、是非ポッチとお願いします。





ん〜・・・・・・・コメントのしようが(笑)
posted by やしー at 19:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。